fc2ブログ

年末年始は・・。(泣)

大変遅くなりましたが新年の御挨拶をということで、本年も
よろしくお願い申し上げます。

おらは先月の中旬に腰を痛めてしまい、辛い年末年始を過ごす
ことになってしまいました。

コトの始まりは、先月中旬のある朝弐号機の後部を持ち上げて
早矢仕スタンド(改)にステップの部分を乗せようと前屈みに
なった時でした。あと少しで乗っかるというところで頭の中で
「グギッ」という音が聞こえ腰に痛みを覚えたのでした。

生まれてこの方一度もギックリ腰を患ったことがないおらは、
「コレがギックリ腰なのか」と思い、市販の湿布薬を貼ったり
小さな病院で痛み止めの飲み薬を処方していただいたのですが、
2週間経っても痛みが治まらないどころか寝起きをするのも
辛くなり、年末年始は自宅に引きこもっていたのです。
(この時のレントゲン結果は「骨折ではない」とのことでした)

正月休みを終えて、少し症状は治まったものの小さな病院での
診察に疑問を感じたおらは、犬山市にある腰痛の治療で有名な
「あいちせぼね病院」で診察していただくことに決め、この
病院でMRI検査を受けたところ、脊椎圧迫骨折であることが
判明し、ワンオフ(笑)のコルセットと骨の形成を促進する
飲み薬を処方していただきました。

かくして、若干不自由な生活を強いられているものの、安静に
している分には痛みはほとんどないのと、短時間ならクルマの
運転は可能な状態なので、とりあえずおとなしくしている今日
この頃です。

ということで、例によって3枚の画像を御覧下さい。

画像その壱~弐号機と早矢仕スタンド(改)です。

2022011601

画像その弐~とてもキレイな病院です。

2022011602

画像その参~特製コルセットと飲み薬です。

2022011603
スポンサーサイト



分解できず。

弐号機のヘルメットホルダーは妙ちくりんな場所に妙ちくりんな
方法で取りつけてあるのですが、イイ加減なネジの締め方をして
いたせいで、ネジ山が逝ってしまいました。(泣)

逝ってしまったネジ穴の周囲は肉厚が薄く、リコイル名人の某氏を
もってしても修復は不可能だろうと判断したおらは、同じモノを
入手しキーシリンダー部分を交換すれば、今まで使っていた鍵が
使えるのではないかと思い、ヘルメットホルダーを分解してみる
コトにしました。

しかし、本体の裏側にあるフタを外してピンやら何やらを外した
まではうまくいったものの、肝心のキーシリンダーを抜くことが
できず、結局新しいヘルメットホルダーは付属の鍵で使うことに
なってしまいました。(泣)

いつかはリベンジを果たすぞぉ~!ということで、例によって
3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~向かって右側のネジ穴が逝ってます。

2021121101

画像その弐~途中までは分解できたのですが・・。

2021121102

画像その参~ココが妙ちくりんな場所です。

2021121103

ウチの早●仕スタンド。

おらは10年以上前に早●仕でスタンドを購入したのですが、
上部に溶接されたL字アングルとその高さが何を意味するかを
理解することがデキず、L字アングルの代わりに鉄パイプを
半分にカットした半円型のモノに交換するついでに、高さも
テキトーに低くしてしまったのでした。

加えて購入時の付属品であるM10細目のボルトと高ナットを
紛失してしまったため、参号機でこのスタンドを使用する際
にはテキトーな長さのボルトを使っていたのですが、ある時
4LのRショック用の長~いM10ボルトが余っていたのに
気づき、このボルトをブッタ切ってネジ山を立てて使おうと
考えました。

さらに、ボルトの長さをキックペダルのゴムの長さ+ネジ山を
立てる部分の合計にすれば、見た目と機能性が両立するのでは
と考え贅沢にも新品のゴムを購入したのでした。
(別にフツーのゴムホースで十分だと思うのですが・・)

かくして、拘りの小道具(笑)が完成したのですが、参号機の
エンジンはいまだ完成には至らない状態です。
(いつになったらヤル気になるのやら・・)

最後に、例によって3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~壱号機と同色に塗装してもらったスタンドです。

2021111301

画像その弐~タンデムステップではありませんので、念のため。

2021111302


画像その参~キックペダルのゴムがイイ仕事をしています。

2021111303

おらとローファー。

アイビーとかトラッドとかを知った中学生の頃、ローファーと
いう名の革靴を知ったおらは、高校に入学する際にリーガルの
茶色いローファーを手に入れたのですが、その後4?年の間に
10足以上のローファーを履くことになるまでの思い出などを
今回のネタにいたします。

おらが通っていた私立高校にはお金持ちの御子息様が多かった
のですが、197?年当時この学校ではお昼休みに靴屋さんが
出店を出しておりました。それもスニーカーから革靴までの
すべてが輸入品で、バスのローファー、クラークスのデザート
ブーツ、コンバースやプロケッズのスニーカー(※)という
高価なモノばかりでした。そしてお金持ちの御子息様たちが
それらを普通に買っていくのを横目で見ていたのでした。
(※~この当時、この2社のスニーカーは米国製でした)

リーガルのローファーを履いたビンボー人のおらはこれらの
高価な靴を見て「いつか手に入れたいなぁ?」と思いつつも、
この靴屋さんではプロケッズのスニーカーを1足買っただけで
アルバイトで手に入れたお金のほとんどは別の用途(※)に
使ってしまっていたのでした。
(※~中型自動二輪の免許取得+オートバイの購入&改造)

そんなこんなで高校を卒業し大学生になったおらはこの頃に
なると衰退し始めたアイビーとかトラッドからは縁遠くなり、
テキトーな身なりをして過ごしていたのですが、大学を卒業し
勤め人になるに際し「やっぱりオトナはトラッドだよねぇ」と
思い、なけなしの給料は洋服代として消えていったのでした。

そんな頃、ヤレが目立ってきたリーガルのローファーの代替に
バスを買ってやろうと思い立ち、その後ラルフ・ローレン、
コール・ハーン、フローシャイム(※)のローファーだけで
なく、クラークスのデザートブーツなどの革靴を買いまくった
のですが、さすがに高価なオールデンには手が出せないまま
現在に至っております。
(※~フローシャイムはほとんど履かず友人に譲りました)

かくして、今も自宅には5足のローファーがストックされて
おり、ノーネクタイで出勤できるこの時期はウィングチップ
などの出番はないことから1週間に1?2回はローファーを
履いているのですが、気が向いた時?に靴磨きをする程度で
イイ加減に扱っていた若い頃とは違って、最近では帰宅後の
軽い掃除&ブラッシングを欠かさないようにしています。
(日々のメンテが大切なのはモンキーと同じかも??)

ということで、例によって3枚の画像を・・。

画像その壱~昔履いていたリーガルと同じモノです。

2021091101

画像その弐~現・所有者が撮影したフローシャイムです。

2021091102

画像その参~現在使用中の5足です。

2021091103


下準備(その参)

下準備の続々編です。

今回の組み直しに際しては、手持ちの部品をある程度使い回す
ことにしたのですが、マトモなクランクケースがなかったので、
以前からストックしていたモノをT中さんとこでキレイにして
ベアリングも交換するコトにしました。

おらは自分でベアリングを入れるのが苦手で、今回も以前から
お世話になっているMSエンジニアリングさんで左右4ヶ所の
ベアリングを交換していただきました。

そして、遠心クラッチの中身を古(いにしえ)の6V・C70
仕様で組み直し、ようやく?腰下を組み上げる体制が整ったの
ですが、現在使用中のCL50ヘッドを再利用(※)するため、
参号機からエンジンを降ろさないと腰上を組むことがデキない
ので、完成はまだまだ先となりそうです。(泣)
(※~もちろん分解掃除+@をいたします)

ということで、例によって3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~ブラストを終えたクランクケースです。

2021090501

画像その弐~今回はニードルベアリングも交換しました。

2021090502

画像その参~天候不順のため玄関横でクラッチの組み立てを。

2021090503

スプリングに拘る。

壱号機のフロントブレーキは4L用の純正スプリングの上から
5L用の黒くて長いスプリングを被せてあるのですが、コレが
イマイチ好きになれず、あれこれと画策しておりました。

5L用のスプリングはブレーキアーム寄りの巻径が細くなって
おり、汎用のスプリングにはこのようなモノが存在しないこと
から、もともとお飾り的な存在だったこのスプリングを撤去し
ホームセンターで見つけた4L用の純正より少し巻径が太い
ステンレス製のスプリングに交換してみました。

また、先日リアのブレーキロッドを社外品に交換した際、純正
スプリングの長さが足りなくなったコトをネタにしましたが、
ヤフオクでちょうどイイ長さのキレイなスプリングを入手した
ので、長さを稼ぐために使っていたアルミカラーは御役御免と
なった次第です。

ということで、3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~黒いスプリングは見た目がねぇ・・。

2021090401

画像その弐~平ワッシャーで巻径の太さを解消しています。

2021090402

画像その参~コイツが装着されていた車種は不明です。

2021090403

下準備(その弐)

下準備の続編です。

4年前にエンジンを組んだ際、クランクケースのベアリングが
キチンと入っていなかったせいでギアの入りがイマイチだった
ため別の腰下を組んだのですが、この時残りモノになった腰下
にLクランクを入れようと企み進角フライホイールを入手した
コトを「その壱」で御紹介しました。

今回は再利用するクランク・ミッション・遠心クラッチを掃除
してみたのですが、最近のおらはクランクシャフト等のオイル
シールが当たる部分が黒くなっているのが好きになれず、その
部分をキッチリ磨かないと気が済まないので、まずはクランク
シャフト、次にミッションの3本のシャフトを掃除しました。

次は遠心クラッチの分解掃除です。前回「6V C70仕様」で
組み直した部品の中で3ヶ所のスプリングと8個のローラーを
再利用し、5枚のプレートはすべて新品を用意しました。
(前回入手したローラーは今回ゴソウダンとなっていました)

ということで、3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~今回はコンロッドが細いモノを使います。

2021081501

画像その弐~飯田クロス4速(ロータリー仕様)です。

2021081502

画像その参~ネジフェチ仕様の遠心クラッチです。

2021081503

社外品に思うコト。

ウチの壱号機はブレーキロッドのペダル側にM6のタップを
立ててピロボールを装着していますが、純正のロッドの端に
ついているコの字型の金具を外してネジ山を立てる方法では
約3センチ延長のスイングアームに対してギリギリの長さで
しかありません。

そこで、社外品のキレイな延長ブレーキロッドをカットして
使えばイイと思い、ミ●●ト製の製品を購入したのです。
(どうせペダル側はL字に曲げてあるだけだし・・)

ところが、この製品はリターンスプリングのストッパー部分
からロッドの端までの寸法が1センチほど長く、おらの好む
ブレーキアームの角度にするとスプリングに遊びがデキて
しまうのです。

多分コイツを造ったヒトは「ネジの部分を長めにしておけば
調整範囲が広がるでしょっ」と考えたのかと思うのですが、
ノーマルのスプリングが使えなくなる可能性について考えた
ことはないのでしょうネ。
(ちなみに、スプリングの自由長は約9センチです)

とりあえず、現時点では応急処置をしてありますが、ネジの
部分の長さまでカスタマイズする必要性はないかと思います。

ということで、3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~ストックしてある純正品です。

2021081101

画像その弐~ミ●●ト製です。

2021081102

画像その参~アームの先っちょが出っ張らないのが好みです。
      (無駄に出っ張っているのはカッコ悪いかと)

2021081103

下準備(その壱)

5月中旬にエンジンを組み直した壱号機の慣らし運転と並行して
参号機のエンジンを組み直そうとしている今日この頃です。

4年前に組んだ81ccエンジンは、新品のピストンと内燃機屋
さんでボーリングしてもらった中古シリンダーを使ったのですが、
オイル消費が若干多いことが気になりヘッドのOHをしようかと
思いつつ月日が流れてしまいました。

そんな中でストックしてある部品をチェックしながら思いついた
のは、OHを済ませたヘッドとドッキングするシリピス+腰下を
用意しておけばエンジン換装が可能になるということでした。

加えて、以前に入手していた6V用51φピストンにふさわしい
アルミシリンダーを某氏に譲っていただいたことで、この計画は
一気に加速し始め、まずは6Vシャリィ用のステーターベースと
進角フライホイール(おらはコイツが大好きなのです)を入手し、
キレイにリビルトしてみました。

ということで、例によって3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~磨き屋の血が騒ぐ進角フライホイールです。

2021080101

画像その弐~配線をキレイにするための小物(2点)です。

2021080102

画像その参~ステーターベースのリビルト完了っ!

2021080103


フロントフォーク交換。

壱号機に装着してある武川の27Φフォークは18年前に購入し
OHもせずにずうっと使っていたのですが、ダストシールのヒビ
割れが気になり「いつかきっちり直さなきゃ・・」と思いつつ、
オイルシールはまだ大丈夫っぽいのでそのままの状態でした。

しかし、贅沢で横着なおらは新しいフォークを購入することにし、
近所のレ●シングワ●ルドで新しいタイプの武川フォーク(左右)
を発注したのですが、フロント廻りを吊り上げるコトができない
環境でいかにフォークを下から抜くか悩んでおりました。

そんなある日、自宅(マンション●階)の玄関横でボンヤリして
いた時に「階段の段差を使えばイイかも?」と思い、車両を置く
位置や小道具(折りたたみの椅子)の強度について検討した結果、
この場所で交換作業をすることにしました。

かくして、無事に作業を終え「古いフォークはどうしよう?」と
思っていたところ、あるお方から「短いフォークが欲しかったん
です♪」とのオファーがあったので、OH前提でダストシールと
オイルシールとともに近日中に譲渡することになりました。

ちなみに、おらはFフォークを分解したことがありません。(笑)

画像その壱~2台のスタンドを使いフロントを浮かせました。

2021062701

画像その弐~新しいフォークでスッキリしました。

2021062702

画像その参~古いフォークとOH用のパーツです。

2021062703