FC2ブログ

年度末は

あれこれと忙しかったのと寒さのせいでツールボックスの
中に放り込んだままだった壱号機のエンジンを数日前に
ようやく分解しました。

さすがに1年半で1500キロ+@しか走っていなかった
エンジンは所要時間約30分で腰上の分解を終え、故障の
原因も明らかになったので、何とか5月上旬に復活させる
ことができるかと思います。

ということで、例によって3枚の画像を御覧下さいナ。

画像その壱~まな板の鯉状態のエンジンです。

2020041201

画像その弐~中身はそこそこキレイでしたが・・。

2020041202

画像その参~またしてもピストンに・・。(泣)

2020041203
スポンサーサイト



2月に入って

ようやく面倒な作業を始める気になりました。

秋のVM以来、4ヶ月ほど玄関横で放置されていた
壱号機を駐車場へ移動し、1時間ほどでエンジンを
降ろしたのち、徒歩で実家まで搬送しました。
(この日スペイド号は妻に強奪されていました)

ということで、3枚の画像を御覧下さい。

その壱~毎度おなじみの景色です。

2020022201

その弐~自立用クランクケースです。

2020022202

その参~約1.7キロ離れた実家へ出発~!

2020022203

お正月です。

令和2年がやってまいりました。

とりあえず、1日はキューちゃんと一緒にお出かけし、
2日は弐号機でちょっとだけ走り、今日は朝から不動の
壱号機をキレイにしました。

2020010301

2020010302

2020010303

ということで、皆さん本年もよろしくお願いしま~す。

我が家の忘年会。

昨夜は妻と2人で忘年会でした。

市バスに乗って昔ながらの焼肉屋さんへ行き、そこから
歩いて立ち食いの串カツ屋さんで二次会を。

2019122204

2019122205

2019122206

最後はコンビニの懸賞で当たった缶ビールを飲みながら
帰宅という具合で、おらにしては珍しく3キロほど歩き
ましたが、寒さもそれほどではなかったので、ちょうど
イイ加減のウォーキングになりました。

?年ぶりに

お泊まりで忘年会をやろう!という有志が集まり、
西浦温泉へ行ってきました。

午前中に自宅を出発し、安城市にある大先輩の
ハチロク専門店に立ち寄り、次に岡崎市にある
同級生のお店でランチをいただき、3時過ぎには
宿泊先のホテルに到着しました。

2019122201

2019122202

2019122203

ということで、宴会の画像は諸般の事情で割愛と
させていただきますが、楽しいひとときを過ごす
ことができました。

VM-RUN 14 Pic(その参)

続々編です。

その壱~食と健康の館にて。

2019102007

その弐~バラデンさ~ん、まだですかぁ~?

2019102008

その参~ドサクサに紛れて増し締めをしているヤツ。

2019102009

ということで、動画の方は今しばらくお待ち下さいナ。

VM-RUN 14 Pic(その弐)

続編です。

その壱~えびせんの里にて。

2019102004

その弐~山太の二色丼です。

2019102005

その参~駐車場にて。

2019102006

VM-RUN 14 Pic(その壱)

皆様お疲れさまでした。

ちょっとばかり遅くなりましたが、例によって例のごとく
代行運転手のT・Sさんが撮影した画像を御覧下さいナ。

その壱~毎度おなじみ整列野郎です。

2019102001

その弐~ブッ飛ばしでフッ飛んだサイレンサーです。

2019102002

その参~マリンパークでも整列っ!

2019102003

リッチなディナー。

昨夜は妻と「ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ」という
高級レストランでディナーを楽しんできました。

その昔は武家屋敷、のちに高貴な方々が住んでいた?らしい
エリアにあるこのお店は、おらみたいなビンボー人には縁が
遠い感じでちょっと緊張しましたが、たまにはこ~いうお店
に行ってみるのもイイかなあと思いました。

ということで、例によって3枚の画像を御覧下さいナ。

2019102101

その壱~前菜~玉葱のキッシュ~です。
    (ワインを?杯飲みました)

2019102102

その弐~メインディッシュです。
    (フランス・シャラン産・鴨胸肉のローストです)

2019102103

その参~食後のデザート~いくつ食べてもOK~です。
    (10品以上の中からこの4品を選びました)
コメント

ちょっと前に

名東区にあるアウトガレリアルーチェというところで
「CAR GRAPHICの誕生と小林彰太郎」と称した
イベントが開催されておりました。

小学生の頃からカーグラを読んで育ったおらにとって
このヒトの存在は偉大であり、このイベントを見ない
ワケにはいかなかったので、さっそく行ってきました。

ということで、展示されていたクルマを御覧下さい。

2019091501

2019091502

2019091503