FC2ブログ

検証(その壱)

ウチの参号機は入手当初からキャブが交換されていたり、
シリンダーの排気量表記が消されていたりという不思議さ
いっぱいのエンジンが搭載されており、走らせた印象から
もノーマルの50ccではない感じでした。

先日このエンジンをバラしてみましたところ、ボア47ミリの
72ccだったのですが、あちらこちらに手の込んだ?加工が
なされていましたので、画像とともに御紹介いたします。

画像その1~ピストンにはARTの文字が。



画像その2~反対側には087の数字が。



画像その3~ピストントップにリセス加工が。


スポンサーサイト



熱田の杜にて。

先週の金曜日は熱田神宮で古いクルマのイベントがあったので、
仕事帰りにちらっと覗きに行ってきました。

神宮の杜の中にある駐車場には、参加車両の一部が展示されて
いましたが、一般客はフェンスの外からしか見るコトがデキません
でした。

ということで、3枚の画像を御覧下さい。